2021年5月24日からのラインナップ

大須シネマ2021年6月6日までは

【心の傷を癒すということ 劇場版】
今から2 5年前、大地震に襲われた神戸に「被災者の心のケア」のパイオニアとなったひとりの若き精神科医がいた。 多くの被災者の「心」に寄り添う壮絶な日々と彼を懸命に支えた家族との「絆」を描く感動のヒューマンドラマが誕生した。

世の中は心の傷に満ちている
“心の傷を癒すということ”とは、「誰もひとりぼっちにさせへん」こと

出演:柄本佑、尾野真千子、濱田 岳、森山直太朗、浅香航大、清水くるみ、上川周作、濱田マリ、谷村美月、趙珉和、内場勝則、平岩紙、キムラ緑子、石橋 凌、近藤正臣

【ねことじいちゃん】
日本人としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙撮影を二度担い、世界的に有名な動物写真家であり、NHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も大人気の岩合光昭が、初めて映画監督に挑戦!映画初主演となる落語家の立川志の輔。

ピエール伊東監督作品2本立て!
【ケンダマスター拳】
東京都ケンダマ学園にすごい転校生がやってきた。
筋肉もりもりマッチョマンの13歳ケンちゃんだ、彼はケンダマの天才でどんな敵にも負けない強さを持っている!

【#セカイが滅びる前にキミに会いたい】
2020年の日本とよく似たパラレルワールド

そして、
5/24-28,30日はアニレコライブ開催!
こちらもピエール伊東監督作品2本立て!!
「ピリオド オブ・ザ マウスマン」ナゴヤセイユウさんバージョン!!
「またいつか、きみと」

通しで観たら、4作品が観れちゃいますよ!

210527-1.jpg

anirecolive202105_A4.jpg

コロナ禍の今、誰もが罹患するかもしれない不安を抱えて「個」であることが、より安全とされる中でも一人では生きていけない。
今の世も「世の中は心の傷に満ちている」---

人に寄り添い
猫と寄り添い
映画館で映画を観て驚いたり、笑ったり、泣いたり、・・・そんな日常を守りたい。

上映時間はホームページをご覧くださいませ!!



【みんにゃで楽しむために!】

映画館は常時換気されています。
上映毎座席消毒しています。
ロビーの机、トイレ、ドアノブなども適宜消毒しています。

お客様には、入場前に手のアルコール消毒のご協力と
飲食時以外はマスクを着用下さい。
体調が悪い時は外出せず、元気な時にお出かけしましょう!

マスク2

接触を少なくする対策を取り、スクリーンのある部屋だけでなくロビーも受付内も常時換気です。
ご来館者さまもどうか消毒とマスク着用で安心して皆様が楽しめるようお願い申し上げます。


【大須シネマ 通常上映時】
☆上映10分前になりましたら、チケットに記載の番号順にお呼び致します。
お呼びした時点で劇場内にいらっしゃらない場合は、次の番号をお呼びすることがございます。
予めご了承ください。
☆席は自由席です。


※チケット代:1,400円(映画によって変わる場合あります)
※館内はスクリーンのある部屋、ロビー、受付全部常時換気
※上映毎座席消毒
演目・イベントによって飲食可否変更し、座席数の調整を致します。
予めご了承ください。


----------------------------------------------
大須シネマ(席数42)
営業時間:11:00~チケット販売開始

※映画により営業時間の変更あります(年中無休)
劇場:名古屋市中区大須3-27-12
電話:052-253-5815
※上映開始前は電話に出られないことがあります。
※ブログコメントにはお答えできないこともあります。
予めご了承ください。

ホームページ:http://www.osucinema.com/
Twitter:https://twitter.com/osucinema
Instagram:https://www.instagram.com/osucinema/

----------------------------------------------

スポンサーサイト



映画の誕生をスクリーンで!

愛知県にも緊急事態宣言が発令されておりますが、大須シネマの対策を改めてご紹介
「館内全て常時換気」
「上映毎座席消毒」
「座席前後左右空け」

そして、大抵、映画館の正面扉は開けてあります。
(余程の雨や、強風の時、寒すぎる時以外は大抵...)

ご来館いただけます皆様には、飲食時以外のマスク着用、入館時の手の消毒のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

明後日までとなってしまって、ブログでのご紹介が遅くなってしまいましたが、上映作品のご紹介。

【イリュージョニスト】14:00~上映
1950年代、パリ、そしてエジンバラ――
時代遅れの老手品師が出会ったのは、彼の“魔法”を信じるひとりの少女だった。
『ベルヴィル・ランデブー』から7年、巨匠ジャック・タチが娘へ遺した幻の脚本を元に、鬼才シルヴァン・ショメが詩情豊かに描く、儚くもあったかい人生の物語。

【メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行】12:00~/16:00~(2回上映)

「月世界旅行」
誕生から110年の時を経て、映画の魔術師・メリエスの名作の幻のカラー版発見!
復元版でスクリーンに甦る!!
メリエスは、ジュール・ベルヌの著書「地球から月へ」「月世界へ行く」、H.G.ウェルズの著書「月世界最初の人間」を基に、月旅行への憧れを映画にした。
本作は、30シーンから構成される空前絶後の大作で、世界的にも大ヒットし、フィルムの1コマ1コマを手作業で彩色したカラー版も生み出された。

「メリエスの素晴らしき映画魔術」
ジョルジュ・メリエスは、リュミエール兄弟が発明した映画=シネマトグラフを見た最初の観客の一人であった。
マジシャンであった彼は、映画の将来性を信じて映画作りに乗り出し、世界で初めての職業映画監督となる。メリエスは、独自のイマジネーションやテクニックを駆使して、映画史上初となる表現を多く生み出した。

【リュミエール!】18:00~上映
122年前“映画の父”リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフが、世界の扉を開いた! 1作品50秒。1422本の中から珠玉の108本が、あなたを映画の旅へと誘う―――。


明後日までの大須シネマは、映画の誕生の世界を観ることができます。
映画が魅せる世界は魔法のよう。
技術は魔術のよう。

映画と映画の間に、大須商店街を少しお散歩しつつ、どうぞ3作品をお楽しみください!

IMG_7657.jpg





【みんにゃで楽しむために!】

映画館は常時換気されています。
上映毎座席消毒しています。
ロビーの机、トイレ、ドアノブなども適宜消毒しています。

お客様には、入場前に手のアルコール消毒のご協力と
飲食時以外はマスクを着用下さい。
体調が悪い時は外出せず、元気な時にお出かけしましょう!

マスク2

接触を少なくする対策を取り、スクリーンのある部屋だけでなくロビーも受付内も常時換気です。
ご来館者さまもどうか消毒とマスク着用で安心して皆様が楽しめるようお願い申し上げます。


【大須シネマ 通常上映時】
☆上映10分前になりましたら、チケットに記載の番号順にお呼び致します。
お呼びした時点で劇場内にいらっしゃらない場合は、次の番号をお呼びすることがございます。
予めご了承ください。
☆席は自由席です。


※チケット代:1,400円(映画によって変わる場合あります)
※館内はスクリーンのある部屋、ロビー、受付全部常時換気
※上映毎座席消毒
演目・イベントによって飲食可否変更し、座席数の調整を致します。
予めご了承ください。


----------------------------------------------
大須シネマ(席数42)
営業時間:11:00~チケット販売開始

※映画により営業時間の変更あります(年中無休)
劇場:名古屋市中区大須3-27-12
電話:052-253-5815
※上映開始前は電話に出られないことがあります。
※ブログコメントにはお答えできないこともあります。
予めご了承ください。

ホームページ:http://www.osucinema.com/
Twitter:https://twitter.com/osucinema
Instagram:https://www.instagram.com/osucinema/

----------------------------------------------

トレインスポッティングを「選べ」!

高々と鳴り響くイギーポップの「Lust for Life」。

追う警官。

歴史を残すエディンバラの街で、主人公レントンは走る、走る、走る。



高校2年生の夏、当時のわたしは画面に釘付けになった。

なんとなく観た「トレインスポッティング」。
それまでも映画や音楽によく触れてはいたけれど、何かが変わったのは確実にあの時だったんだと思う。

「トレインスポッティング」は、不況下にあるスコットランドのエディンバラで、ドラッグを漬けの毎日を送る主人公レントンとその仲間達の生き様、苦悩や葛藤を描いた青春映画だ。
ドラッグから足を洗おうとしながらも、就職や女性関係など何もかもうまくいかず、暗転の一途を辿ってゆく彼らの人生を、音楽やファッションなどを通して、スピード感たっぷりに描いている。
ちなみに公開当時は、イギリス社会の現実を生きる新たな価値観を持った若者のタブーへと切り込み赤裸々に描いていると世界中に衝撃を与え、英国のエンターテインメント界が絶頂期へ向かうのを後押しした…らしい。

というのも私はその時代をしらないから。

「クール・ブリタニア」やその中で開花した「ブリットポップ」ムーブメント…私は後になって知るしかなかった世代。
本作をきっかけに私は、UKインディ周辺のカルチャーにのめりこみ、自分のモヤモヤがかつて地球の裏側で、こんな風に表現されていたことにただただ驚いたものだ。
あれは国策だったんだよと言われても、そんな事実ますます面白い。(政治と音楽や映画がつながりを持つことは必ずしも悪いことではないと思うから)

とはいえ私はスコティッシュではない。
彼らが駆け抜けた時代の空気感もしらない。 
薬物漬けでもないし、トイレにダイブは絶対御免だ。
一方でこの映画に描かれているのは、不況下のスコットランドを彷徨う薬物中毒の不良達。
全員間違っても友達になりたくないタイプ。

でもそんな彼らに一種の愛着、共感みたいなものを覚えたのは…世代も生まれも違う日本の高校生だった私の中の何かが、刺激されてしまったのは…なぜだろう?

それは多分、あの閉塞感の中、自分に、周りに、そして社会にイラついて、現実から必死に逃げている姿。それから、同じ日々が繰り返される事への恐怖。

私は色々な青春映画を観てきたけれど、この映画は少し違う。
彼らは社会に対してビックになろうとか、メッセージを残そうとか、そういった類のことは考えていない。
趣味(ノーザンソウルやシングストリートでは音楽)で繋がりを得たり、輝いたりしてもいない。
彼らはただドラッグによって繋がり、肥溜の中、ただただ絶望している。

「弱さが強さ」みたいな表現をよく耳にするが、そんな甘っちょろいものではない。彼らはシンプルに弱く、Shite(アイルランド 、スコットランド訛りのShit)だ。そういえばいつだったか、ダニーボイルは人間を描くんだと私の好きな映画評論家が言っていた。そんな姑息で、リアルで、ギスギスとした人間らしさがこの映画にもある。

実は、イギリス留学中、スコットランドに行って、彼らが走り抜けたエディンバラの街を、ゆっくりと歩いた事がある。
レントンとスパッドが仲良く飲んでいたミルクシェイクも飲んだ(場所は隣町のグラスゴーだったけど。もちろんストローは2本つけてもらった) 、エディンバラの大通りにはレントンたちのような若者がスマホ片手に闊歩し、カフェには労働者の人々が出入りしていて、そこには大須となんら変わらない生活があるのだと知った。

トレスポ
(レントンたちが駆け抜けたエディンバラの町並み2019年ver)


この映画に対して、怖い、気持ち悪いと感じる人の気持ちも分かる。(確かに、お食事中観ることはお勧めしない)でもきっと、私たちにとって未知の世界を映しているわけではないのだと、なんとなく思う。そして不良を描いただけのおしゃれ映画でもない。

主人公レントンとその仲間達よろしく、現代社会を生きる私たちも、新型コロナウイルスによって、この先何をしたいか、どう生きるのか…選ぶということが簡単にできなくなった。なんだか選ぶって事自体、特権階級がもつ贅沢な言葉のような気がしてくるほどだ。そしてしまいには選ぶことからも逃げたくなる。逃げて、逃げて、どこかへ行ってしまいたくなる!

けれどレントンは選べという。

映画内で呪文のように繰り返す。それは一種の呪いみたいなものだと今改めて思った。

公開当時に熱狂した人も、まだ見たことのない人も、そんな悲惨な彼らにぜひ会いにきて欲しい。
10代〜20代前半の私と同世代の人にはほとんど馴染みのない映画かもしれないけど、もしかしたらこのどうしようもない世の中を生き抜くヒントが転がっているかもしれないから。

レントンの不敵な笑みがあなたに何をもたらすのか…それが薬物以外であることを願う。

※最後に、いつ聞いても最高な劇中の迷言をどうぞ。
レントン
「頑張りすぎはー」
“Try too hard-“
スパッド
「ー就職しちまう」
“You might get the fuckin’ job.”
うん、座右の銘にしよっと…。

担当:大須シネマスタッフ たけ

■■■

お願い

上映中、飲み物を飲むとき以外はマスクを着用下さい。
お客様もスタッフも安心して映画館で映画を観るという日常を送るためには皆様のご協力が必要です。

上映中にマスクを外す方がいらっしゃることが今後判明しましたら、飲料の持ち込み不可といたします。

でも、これから気温もあがりますし、喉を潤したいと思う方もいらっしゃると思います。

劇場は換気設備が整っていますが、マスクを外した時に、思わずくしゃみが出ることもあるでしょう。
はずみで咳がでることもあるでしょう。
マスクをしていれば飛沫を減らせます。
日常のどの場面でも、今は自分のためだけでなく周りの方のためにも皆様マスクしていますよね?
ならば、たまたま同じ日の同じ時間に同じ劇場で同じ映画を観るという(しかもお客様の少ない大須シネマで💦)同士のためにもマスクを外さず、皆が同じように楽しんでいただきたいです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

大須シネマ

■■■


【みんにゃで楽しむために!】

映画館は常時換気されています。
上映毎座席消毒しています。
ロビーの机、トイレ、ドアノブなども適宜消毒しています。

お客様には、入場前に手のアルコール消毒のご協力と
飲食時以外はマスクを着用下さい。
体調が悪い時は外出せず、元気な時にお出かけしましょう!

マスク2

接触を少なくする対策を取り、スクリーンのある部屋だけでなくロビーも受付内も常時換気です。
ご来館者さまもどうか消毒とマスク着用で安心して皆様が楽しめるようお願い申し上げます。


【大須シネマ 通常上映時】
☆上映10分前になりましたら、チケットに記載の番号順にお呼び致します。
お呼びした時点で劇場内にいらっしゃらない場合は、次の番号をお呼びすることがございます。
予めご了承ください。
☆席は自由席です。


※チケット代:1,400円(映画によって変わる場合あります)
※館内はスクリーンのある部屋、ロビー、受付全部常時換気
※上映毎座席消毒
演目・イベントによって飲食可否変更し、座席数の調整を致します。
予めご了承ください。


----------------------------------------------
大須シネマ(席数42)
営業時間:11:00~チケット販売開始

※映画により営業時間の変更あります(年中無休)
劇場:名古屋市中区大須3-27-12
電話:052-253-5815
※上映開始前は電話に出られないことがあります。
※ブログコメントにはお答えできないこともあります。
予めご了承ください。

ホームページ:http://www.osucinema.com/
Twitter:https://twitter.com/osucinema
Instagram:https://www.instagram.com/osucinema/

----------------------------------------------

プロフィール

大須シネマスタッフ

Author:大須シネマスタッフ
名古屋・大須商店街にある小さな映画館。
名作・旧作・アニメーション・自主制作映画上映をはじめ、アニレコライブなどの貸館企画も開催。
併設店はフレンチトーストのお店「HITA PAN」さん。お一人でも気軽に映画を楽しめるミニシアターです。
館内全て常時換気・上映毎座席消毒他感染症対策行っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
大須シネマ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR