マウスマン監督舞台挨拶&現在上映作品のご紹介

2020年11月15日(日)
「マウスマン~愛の塊~」舞台挨拶が行われました!
監督:ピエール伊東さま
ヒロコ役:藤咲あかねさま
リカ役:夏川みわこ さま
ありがとうございました!

Em2Pyx8VkAEXR4t.jpg

先週から始まったプログラムも本日折り返し残り1週間です。
2020年 11/16(月)-22日(日)
12:00- ラ・ジュテ
13:00- マウスマン~愛の塊~
14:30- ラ・ジュテ
<今 敏監督作品特集>
18:00- 千年女優
20:00- PERFECT BLUE

OSU_11.jpg

【ラ・ジュテ】
「ベトナムから遠く離れて」など、主に記録映画を活動の場としヌーヴェル・ヴァーグの中でも特異な位置を占める作家C・マルケルの中編SF映画の佳作。
ラ・ジュテを原案として作られたのが「12モンキーズ」。
30分程の作品。
ほぼ静止画。モノクロ写真を連続し映す手法で描かれています。

写真の切り替えと鼓動に掻き立てられる不安感。
意識をしっかり保っていなければ、どこかへ連れていかれそうだ。
これが1962年の作品だなんて。

【マウスマン~愛の塊~】
ネットでスタッフ&キャストを募集してつくられた新世代の自主製作アニメーション
皆から「ねずみ先生」と呼ばれる32歳の主人公はある日突然国家機関にサイボーグに改造されてしまう。
愛する者のために戦い、傷つきボロボロになった彼はある一つの選択をする。
セカイ系作品への一つのアンサー作品。

<今 敏監督作品特集>
【千年女優】
千年かけても逢いたい人がいます。

【PERFECT BLUE】
もう自分のことがわからない。

---
時を超え 現実と虚構を彷徨い
自分という存在は体のあるこの場所ではない
心から希うものを追いかけた先にあると疑わない
恐怖を超えた純真
そんな作品が揃った今回のプログラムだと個人的には感じます。
---
ずっと昔に何気なく観た映画の、お風呂の中で叫ぶシーンの張り裂けんばかりの心の痛み。
同じ境遇にならずとも、生きる中で体験する痛みを、あのシーンを思い出し憤りを超えてきた。
あれを観ていなかったら、どうやって超えられただろうか、今となっては分からない。
---

2020年11月22日までの上映。
お見逃しなく!!

※「千年女優」「PERFECT BLUE」上映時は
スクリーンの部屋に持ち込めるのは飲料のみです。
座席は全席開放します。
お食事はロビーでお召し上がりください。


☆上映10分前になりましたら、チケットに記載の番号順にお呼び致します。
お呼びした時点で劇場内にいらっしゃらない場合は、次の番号をお呼びすることがございます。
予めご了承ください。
☆席は自由席です。

※チケット代:1,400円
※館内はスクリーンのある部屋、ロビー、受付全部常時換気
※上映毎座席消毒
※座席前後左右空け
演目・イベントによって飲食可否変更し、座席数の調整を致します。
予めご了承ください。


----------------------------------------------
大須シネマ(席数42)※コロナ対策でしばらく席数半分に致します
営業時間:11:00~チケット販売開始

※映画により営業時間の変更あります(年中無休)
劇場:名古屋市中区大須3-27-12
電話:052-253-5815
※上映開始前は電話に出られないことがあります。
※ブログコメントにはお答えできないこともあります。
予めご了承ください。

ホームページ:http://www.osucinema.com/
Twitter:https://twitter.com/osucinema
Instagram:https://www.instagram.com/osucinema/

----------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大須シネマスタッフ

Author:大須シネマスタッフ
名古屋・大須商店街にある小さな映画館です。
2020年7月に運営が変わり8月23日に再開。
劇場は小さいけれど音響はなかなか良いと思います。
スタッフが交代で更新しますよ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
大須シネマ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR